★ お話してくれてありがとね 2020.10.23

朝、小学1年生ののぶお君(仮称)は、顔を洗った後、脱衣場でうつむいています。

職員のはやとさん(仮称)が、「朝ごはんだよ」と声をかけますが、反応しません。

<いやな事があった?>

「ひろと君(仮称・6歳)がね…」といやだったことを話し始めました。

<のぶおくん! いやなことがあったけど、それをすぐに話す事ができたね!>

<お話してくれてありがとね>と頭をなでながら伝えました。

すると、笑顔になり、「うん」と答えました。

その後は、気持ちをきりかえて、朝ごはんを食べました。

2020.10.23 「自信」とは、「自」らの思いを「人」に「言」う、ことで高まります。まずは、子どもたちの、その時の、そのまんまの思いを聴くことが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました