本文へ移動

園長コラム

キラリグッド/沁みることば

お話ししてくれるだけでいいよ

2021-08-13
夕方、小学1年生のねねちゃん(仮称)の部屋で、職員ののりかさん(仮称)が宿題をみてあげていました。
ねねちゃんはあまり機嫌がよくありません。

急に、「朝食の時に残したウインナーが食べたい」と言います。

<時間が経ったものはお腹が痛くなるから食べさせられないんだよ>

「ウインナー...」とブツブツ言いながら、ドンドンと音を立て、寝転がります。

<ねねちゃん、朝は時間を見て行動できていたし、登校班に間に合うことができたね!>
と褒めますが、近くにあった紙を足でグシャグシャにし、細かく破ります。

のりかさんは、暫く見守り<落ち着くために、良い方法だね>と伝えました。

ねねちゃんは、涙を流し「どうしたらいいか分かんない」とつぶやきます。

<イライラするんだね。今はどうしていいか分かんないんだね。お話ししてくれるだけでいいよ>と伝えると、
次第に落ち着いたねねちゃんでした。

2021.8.13
いろんなことを体験してきた子どもたちの小さな胸の中では、様々な想いが溢れ、どうしようもなくなることがあるのでしょう。
代わってあげることはできませんが、その想いを想像し、精一杯「分かろう」とすることはできます。
社会福祉法人 光明童園
児童養護施設 光明童園
〒867-0021
熊本県水俣市平町1丁目3番3号
TEL: 0966-63-2074
FAX: 0966-62-5880




 
1
8
7
9
1
4
TOPへ戻る