本文へ移動

園長コラム

キラリグッド/沁みることば

食べたら、悲しいなぁ

2021-12-03
夕方、職員のにちかさん(仮称)は、小学2年生のねねちゃん(仮称)に、お風呂に入るように伝えますが、入りたくないようです。

「アイス食べたい」

<お風呂に入った後にしようね>と伝えますが、グズグズしています。

ちょうど、お風呂に、他の子が入っていたので、
<待っている間に食べようか?>

嬉しそうにアイスを食べました。

アイスを食べ終わると、
「おやつも食べたい」と言い出しました。

<これ以上は良いとは言えないなぁ>

「食べるもん!」
と言いますが、にちかさんの様子を伺って食べようとはしません。

<ねねちゃん、おやつを食べたらお腹が痛くなるかもしれないから、食べないで欲しい>

<食べたら、悲しいなぁ…>と気持ちを伝え、その場を離れました。

その後、ねねちゃんは、部屋に戻り布団に包まっていました。

にちかさんが様子を見に行くと、お菓子の袋はありますが、食べた様子はありません。

尋ねると
「食べずに、我慢したよ」

<ありがとう!とっても嬉しいよ!、じゃあ、お風呂入ろうか>

抱っこして、一緒にお風呂場へ向かいました。
 
2021.12.3
「○○しないとダメでしょう」のYou(あなた)メッセージではなく
「○○したら嬉しいよ」「○○したら悲しいな」のI(わたし)メッセージが大切です。

感情を伝え続けることで、子どもたちの情緒も豊かになり
その人を『悲しませたくない』という思いが育っていきます。
 
社会福祉法人 光明童園
児童養護施設 光明童園
〒867-0021
熊本県水俣市平町1丁目3番3号
TEL: 0966-63-2074
FAX: 0966-62-5880




 
1
0
1
2
8
9
TOPへ戻る