本文へ移動

園長コラム

キラリグッド/沁みることば

いっしょに食べよう

2022-01-07
朝ごはんの時、5歳のりなちゃん(仮称)は、おにぎりだけ食べて、「おなかいっぱい」とうろちょろしています。

職員のるみさん(仮称)が、<好きなものだけ食べて残すのはいけないよ>と伝えると

「イヤだもん」と、泣いて足をどんどん鳴らしています。

<分かった!。本当は、『イヤだって』泣いてるけど、一緒に食べてほしいんだよね。あたってるでしょう?>

小さくうなずき、泣き止みました。

<一緒に食べようって言ったらいいんだよ>と声をかけると座りました。

<あーん>をすると大きく口を開け食べることができました。
 

数日後の夕ごはんの時。

りなちゃんは「お腹いっぱいだもん…」と言って食べようとしません。

るみさんが<そう言うってことは、本当は何が言いたいんだっけ?>

「いっしょに食べよう」

<すご〜い!、言えたね!>たくさん褒めると笑顔のりなちゃんでした。

 
2022.1.7
子どもは、一生懸命泣いていると、自分でもなぜ泣いているのか分からなくなることもあります。
それを『分かろう』としてあげて、整理し、代弁してあげることがたいせつです。
TOPへ戻る