本文へ移動

園長コラム

キラリグッド/沁みることば

これからどうしたい?

2021-10-08
小学3年生のあきちゃん(仮称)は、小学2年生のいろはちゃん(仮称)とホームでケンカをしてしまいました。

職員のうららさん(仮称)が
<あきちゃん、おいで>とスタッフルームに呼びました。

<なにがあったの?>

「あのね!」と、とても怒った様子で話がとまりません。

うららさんは、ただ頷いて聴いています。

そのうち、あきちゃんが
「自分もひどいことを言ってしまって…、悪かった…」と話しだしました。

<そんな事があって怒ったんだね。きつかったね。でも、ちゃんと自分でダメだったこと分かってて偉かったね>

うららさんは、あきちゃんが自分で振り返りができて、反省をしている様子なので、それ以上は何も言いませんでした。

<あきちゃんは、これからどうしたい?>

「今日の夕方、いろはちゃんに謝りたい」

<分かった、それじゃあ、今話したことをいろはちゃんにも伝えておこうか?>と尋ねると、
静かに頷きました。

<また、何かイヤなことがあったら教えてね>と伝え、話を終えました。
 
2021.10.8
子ども自身が、自ら「考え」、自ら「こうしたい」と思い、自ら「行動する」ことが大切です。

先回りしすぎて、邪魔をしないように心がけたいです。

「いつでもお手伝いするよ」と伝えておくと、子どもたちは安心して頑張れます。
TOPへ戻る