本文へ移動

園長コラム

キラリグッド/沁みることば

わかったような気がする

2021-10-22
地域のグループホームでの食事は、職員が食材を買い物して、職員が作ります。

ある日の夕食の時。

中学3年生のきよと君(仮称)が、職員のくにおさん(仮称)のお手伝いをしています。

汁物の仕上げと味見はきよと君がしてくれました。

幼児さんのけいた君(仮称)とこうた君(仮称)に、お茶を注いだりドレッシングを取ったりお世話をしてくれ、「何か俺、レストランの人みたい」と笑顔です。

ところが、けいた君が「食べたくない」とグズってしまい、
きよと君が作った汁物を残してしまいました。

「何か俺、くにおさんたちの気持ちがわかったような気がする…」と苦笑いしていました。
 
2021.10.22
「食」は、「人」が「良」くなると書きます。
毎日の食事の時間をたいせつにし、いろいろな経験を通して成長してほしいと思います。
子どもたちが大人になって、家族をつくり、楽しく食卓を囲む未来の姿を想像します。

※写真はイメージです
TOPへ戻る