本文へ移動

園長コラム

キラリグッド/沁みることば

ほんとうのこと教えて

2021-10-29
夕方、小学2年生のさとみちゃん(仮称)は、おやつを食べた後、グズグズしています。

職員のしおりさん(仮称)が
<さとみちゃん、お風呂に入ったら>

「いやだ〜」と嫌がります。

しおりさんがその場をしばらく離れていると、さとみちゃんは、パジャマに着替えていました。

<さとみちゃん、お風呂入ったの?>

「入ったよ」と答えますが、しおりさんの目を見られず挙動不審です。

しおりさんは、さとみちゃんの後ろからギュっと抱きしめて
<ほんとうのことを教えて>

「濡らしたタオルで拭いた…」

<ほんとうのことを話してくれてありがとう。明日は入ろうね>

苦笑いしながら「うん」と答えるさとみちゃんでした。
 
2021.10.29
「お風呂入っていないでしょ?」「嘘ついてるんじゃないの?」と責められた子どもは、
また嘘をつかないといけなくなり、より辛くなります。

子どもは失敗しながら、成長します。

「失敗」と書いて、「成長」と読みます。

「これから」がたいせつです。
TOPへ戻る