本文へ移動

園長コラム

キラリグッド/沁みることば

それでも良いよ

2021-12-17
ホームで、4歳のひでき君(仮称)と小学2年生のふみや君(仮称)が夕食を食べていました。

ふみや君がふざけて、ひでき君の頭をケチャップの容器で叩いてしまいました。

怒ったひでき君は、ふみや君に泣きながら大声で文句を言い、叩き返そうとしています。

職員のへいたさん(仮称)が間に入って2人を離すことにしました。

それぞれの話を聴いて、少し落ち着いたところで、
ふみや君が「ひでき君に謝りたい…」と言ったので、へいたさんが立ち会って謝ることにしました。

「ひでき君、ごめんね」

まだ、怒りが収まらないひでき君は、そっぽを向きながら
「ゆるさない…」とつぶやきました。

へいたさんは、
<まだ、ゆるせないんだね、それでも良いよ>

ひでき君には
<謝ることができて偉かったね、でも、ふみや君がゆるしてくれないってことは、よっぽどイヤだったんだろうね>

2人とも黙って聞いています。

<暴力暴言は良くないこと、笑顔で過ごすためにはどうすればいいか考えていこうね>と伝えました。
 
2021.12.17
子どもたちのケンカが起こると、すぐに仲介をし、とにかくお互いを謝らせて、はやく終わらせようとしてしまいます。

子どもにケンカはつきものです。ケンカをしながら成長します。

大切なのは、ケンカをした後です。自分で納得して、自分のタイミングで仲直りできるようにお手伝いをします。
社会福祉法人 光明童園
児童養護施設 光明童園
〒867-0021
熊本県水俣市平町1丁目3番3号
TEL: 0966-63-2074
FAX: 0966-62-5880




 
1
8
3
1
8
2
TOPへ戻る