本文へ移動

園長コラム

キラリグッド/沁みることば

まちがえることはある

2022-06-09
日曜日の朝、小学3年生のいおり君が宿題をしていて、職員のうしおさんが、そばで見守っていました。
 
いおり君は、とっても意欲的に取り組んでいます。
 
途中で、いくつかの問題を間違えました。
以前のいおり君は、間違えてしまうと、とたんに機嫌が悪くなり、途中で投げ出していましたが、今日は、あきらめずに頑張っています。
 
<いおり君、間違ってもあきらめずに頑張っててすごいね!>
 
「人間、まちがえることはある…、失敗は成功のもとだよね」と笑顔で答えました。
 
<すばらしい!!>とたくさん褒めました。

※名前は仮称です。
 
2022.6.10
伝えることは難しく、時にあきらめてしまいそうになりますが…
日々の生活の中、職員からの言葉や姿が、時間をかけて伝わり、
少しずつかもしれませんが、ゆっくりと子どもの中に沁みているのだと思います。

『愛だけでは足りない、そこに必要なものは、それを伝える技術である』
(精神科医師・ベッテルハイム)
TOPへ戻る