本文へ移動

園長コラム

キラリグッド/沁みることば

おんぶして

2022-11-25
夕方、小学3年生のだいち君は、ケンカをして、怒って裸足で外に飛び出してしまいました。
 
職員のちかしさんが急いで追いかけます。
 
裸足で歩いてため、<足が痛むから、おんぶして散歩しようか?>
 
「痛くないし、大丈夫だし、一人で山に行く!」と言って歩くのを止めません。
 
<何があったの?>
 
「(中学生の)つよし君からもいやなことを言われた…」と話してくれました。
 
<話をしてくれてありがとう、いやな気持ちになったら教えてほしいなぁ>などと、
いろんな話を続けているうちに気持ちが落ち着いて来たようで
「おんぶして」と言いました。
 
おんぶをしてあげて、歩きながら
<だいち君、本当に一人で山に行けた?>
 
「ううん、怖くていけない」
 
<かまってほしかったのかな?>
 
「うん」
 
<そうだったんだね。けど、外に飛び出しちゃうと心配しちゃうよ、今日もたくさん心配したよ>
 
「うん、ごめんね」
 
<次、同じような気持ちになったらどうしようか?>
 
「自分の部屋にいく」
 
<それだったら怪我の心配はないし、気持ちの整理もできるかもね>
 
「うん」とちかしさんの背中でうなずくだいち君でした。
 
2022.11.25
話をして、思いを教えてくれたことに「ありがとう」と伝えて、
「心配したよ」と、I(私)メッセージで伝えて
ホッとする瞬間を紡いでいくことが大切です。
社会福祉法人 光明童園
児童養護施設 光明童園
〒867-0021
熊本県水俣市平町1丁目3番3号
TEL: 0966-63-2074
FAX: 0966-62-5880




 
1
0
1
4
3
6
TOPへ戻る